・仕事が忙しくなり、職場の雰囲気が良くないようだ。
・しかし、求人を出しても人手不足で応募が少ない。
・やっと採用しても、すぐに辞めていってしまう。
「どうしたら、雰囲気が良く従業員が安定して働ける、魅力のある職場になるのだろうか?」

・人の役に立ちたくて、仕事を立ち上げた。できるだけ長く続けたい。
・こんな面白い仕事はなかなか無いと思う。
・働いてくれている人は皆、大切にしていきたい。
「この仕事の素晴らしさを感じて一緒に頑張ってほしい」

ー貴社では、このような悩みや気持ちをお持ちではないですか?

このような悩みは、貴社の仕事の内容が問題なのではありません。その解決方法は従業員の方を叱咤激励することでもありません。 従業員の方に貴社の理念を理解してもらい、魅力ある職場にするには、従業員の方のモチベーションアップが大切なのです。

 

カウンセラー川崎について

私は家族の転勤と共に転居し、10社以上の職場を経験しました。
残業の多い職場がほとんどだったので、仕事が忙しすぎて空気がギスギスしていたり、非正規職員が主メンバーで定期的に交替があり残る人も落ち着かなかったり、職場の雰囲気が原因で退職する人がいたりと、「人間関係さえよければ」と感じることが多くありました。

ただ、この経験から「どうすれば皆が気持ちよく仕事ができるか」「気持ちが落ち込んだ人にどう接したらやる気を持ってもらえるか」ということも考えるようになり、自分自身が家庭の状況で就労環境を変える必要があったことからキャリアを考える重要性を強く感じたのです。

皆で高めあう会議

 

人間の欲求全てに関わる、「働くこと」

いきなり話は変わりますが、「マズローの欲求5段階説」をご存じでしょうか。人間は下記1~5の順に欲求を満たしたくなる生き物だという説です。

1.生理的欲求 食欲や睡眠など、生きていくための基本的な欲求
2.安全欲求 安全や健康などに対する欲求
3.社会的欲求 仲間が欲しい、集団に入りたいという欲求
4.尊厳欲求 他の人から認めてもらいたい承認欲求
5.自己実現欲求 自分の能力を生かしたい

 

実は、「働くこと」はこの欲求全てに関わってきます。
→ 働いて稼ぐことで食べ物や安心できる住居を得て、社会に帰属し、能力を生かして人に認められる。
これを読んでくださっているあなたにも、心当たりがありませんか?

これらの欲求をうまく満たせないと、どうなるでしょうか。
→ 働いても働いても終わりがなく自己肯定感が薄まり、会社への帰属意識も無くなり、ひいては意欲も食欲もなくなり眠れなくなる・・・
こんな状態になっている人を、見たことがありませんか?

ご存じのように、現代は強い承認欲求を持つ人が多いと言われています。SNSでどんどん「いいね!」機能が増えているのがいい例でしょう。 そこで貴社でもまずしていただきたいのは、従業員の方の承認欲求を満たし、モチベーションを上げることです。「昔は叱って育てたものだ」という声もありますが、時代が変わった今は「褒める部分を見つける」ことに重点を置いていただきたいと思います。

ただ、忙しい現場ではなかなかその余裕が無いのも事実ですね。 そこで試していただきたいのが、従業員モチベーションアップのためのカウンセリングです。

カウンセリング

 

モチベーションアップのカウンセリングとその効果

スピカ相談室のカウンセリングでは、基本的に傾聴という方法を使います。相談者の気持ちに寄り添って話をうかがう心理学的技法です。

「カウンセリングって、話を聞くだけか」と、思われるかもしれません。いいえ、カウンセリングは単に話を「聞く」のではなく、相談者の方に共感しながら話を「聴く」のです。

考えてみてください。
悩みがあって会社の上司や友人・家族に相談すると、良くてもアドバイス、悪いと叱責を受ける可能性もあります。そして「気持ちを十分に理解してもらえなかった」という後味の悪い思い、消化不良の感触だけが残るかもしれません。 カウンセラーの行う傾聴は相談者の方の気持ちを受け止めることを一番に考えますので、従業員の方に「自分の気持ちを受け止めてもらえた」と感じていただけます。

その結果何が起きるかというと、

気持ちを分かってもらえて、精神的な余裕ができた

周囲の人への態度が軟化した

そのような従業員の方が増えて、職場の雰囲気全体が良くなった

→ 仕事へのモチベーションが上がった

 

そして、

・新入社員の定着率が上がる
・魅力的な職場に人が集まる

 

それだけではありません。

・お客様への対応も改善
・お客様の評判が上がる
・業績良化

こういったいい結果につながる可能性もあるのです。

もちろん、傾聴だけではなく、物事をネガティブに受け取りやすい方の認知の修正、お互いに意見を言いやすくするアサーション、気持ちよりもまず体の感覚を正常に戻すマインドフルネスなども、相談者に合わせて取り入れていきます。
※アサーション win-winの関係を導き出すコミュニケーション方法
※マインドフルネス 「今・ここ」に集中する瞑想法

スピカ相談室の特徴として、心と体を楽にするのに大変有効な嗅覚の働きを生かしたアロマテラピーも併用することができます。

 

カウンセリング導入の流れ

しかし残念ながら、スピカ相談室のカウンセリングサービスは思い立ってすぐ取り入れていただくことはできません。
貴社に最適なカウンセリングの方法や進め方をしっかりと話し合い決定してから、貴社と弊室合意の上でカウンセリング開始となります。そのため、対面やメールなどでしっかりとお打ち合わせをしていただける企業様、従業員の方のモチベーションアップを強く望まれる企業様を対象とさせていただいております。

<カウンセリング導入の流れ>

貴社より弊室へのお問い合わせ(お気軽に!)

打合せ日時の決定

貴社ご希望のヒアリング、弊室よりサービス内容のご提案
(まずは「どんな内容が合うか」といったお話でも結構です。ヒアリングの上貴社に最適なサービスをご提案いたします)

サービス内容ご承諾

カウンセリング開始

定期的なサービス内容の見直し
(カウンセリングを進めていく上で、より適した形に変更する可能性もあります)

 

【スピカ相談室へのお問い合わせ方法】
こちらをご覧ください。

なお、基本的なカウンセリング価格につきましてはこちらのウェブサイトをご参照ください。

企業様向けサービス内容

 

作業効率を上げます

 

カウンセリング導入を迷われている方へ

お得なキャンペーン

 

ただ今、カウンセリングの効果を実感していただくための「カウンセリング3回無料」のキャンペーンを行っております。

 

サービス内容のご相談はもちろん無料。
その後定期的なカウンセリングサービスを導入していただき、1訪問×3回までのご利用は料金をいただきません。(1訪問の対象は3名様までとさせていただきます)

効果を実感していただくためとはいえ、3回無料はなかなかのサービスなので、一月に2社までとさせていただいております。興味を持たれましたら、お早めにご相談くださいませ。

スピカ相談室へのお問い合わせは、こちらより受け付けております。

 

最後に

「大切な従業員の心身の問題を扱うのに、この相談室は信用できるのか」と思われることもあるかもしれません。

スピカ相談室カウンセラーの川崎は、海上自衛隊幹部候補生の経験があります。自衛隊や警察は入職の際、大変厳重な身辺調査を受けることでも有名ですので、守秘義務のあるカウンセラーとしてご安心いただけるポイントかと思います。
加えて、学生自体は剣道・水泳と体育会系に所属していたこともあり、チームワークや規律を守ることの重要性も十分身にしみています。組織を円滑に動かすには、チームを効果的に動かすにはどうしたらいいか、ということを長年考え実行してきました。

また、様々な職を重ねる間には自分自身が人間関係で悩んだことももちろんありました。私と同じように家族の関係で転職や仕事のブランクも出てくる女性の人生をサポートしていきたいと考え、働く人を支援する産業カウンセラーキャリアカウンセラー(現在の国家資格キャリアコンサルタント)の勉強を始め、資格を取ることになったのです。その後、離婚再婚出産を経験したこともあり、気持ちよく働き続ける環境を作り皆が自立して生きていけるようにしたいと強く考えています。

組織とは、人が作るものです。
従業員の方のモチベーションを上げて、貴社をよりいっそう魅力のある場所にしませんか?

 

 

 

お気軽ご連絡ください070-6540-8225受付時間 10:00-17:00 [ 土・日・祝日除く ]

ご予約・お問い合わせはこちらから24時間受付中!