ゆめはな英語講師兼スピカ相談室カウンセラーの、川崎裕子です。

カウンセラーの川崎です

まずは、私の略歴をご紹介します。

【職歴】
海上自衛隊
私立高校英語科非常勤講師
メーカー~船会社などの貿易事務・海外営業事務
家電メーカーコールセンター受発信・事務
大学研究室事務・アロマ教室
(現)ゆめはな英語補講塾代表・スピカ相談室カウンセラー
(現)小学校心の相談員
(現)通信制高校SST・英語講師

職種としても、国家公務員からアルバイト、自営業まで、多くの経験をしています。結婚やパートナーの転勤により、転居はかなりの回数に及びます…

【英語講師として】

産後、育児に悪戦苦闘するうちに子どもの発達を深く学ぶようになり、仕事で教育に関わるようになりました。発達障害・学習障害などの存在にもふれるようになりました。
環境さえ整っていたら、適切な情報があったら、ここまで苦しまずに済んだだろうにという子どもたちに会ってきました。
世界は広く、日本の価値観がこの世のすべではないと、私は常々感じています。日本にいて苦しかったら、ほかの文化を試してみてほしい、健全に生きられる場所をさがしてほしい、と思うようになりました。
英語はその一つのツールにできます。

また、数学と英語は、子どもたちに嫌われる2大教科と言っていいでしょう。学校では集団相手に教えるので、先生方もなかなか一人ひとり見る余裕はありません。
個性にあった教え方・勉強の仕方をしたら、英語ができるようになるかもしれない。その可能性を探してほしいと思います。

この度開講したジョリーフォニックスは、イギリスで読み書き困難な子どものために開発された指導法です。英語を母語としない日本人が英語を身に付けるとてもいい方法だと感じ、取り入れることにしました。
専用コースもありますし、補講塾の中でも取り入れていきます。特に小学生のお子さん、中学生以降でなぜか英語が苦手・単語が覚えられないというお子さんにも大変おすすめです。

【カウンセラーとして】

何度も環境の変化を経験し、多くの職場を経験しました。
妊娠出産の際には不妊治療や度重なる流産も経験しました。
その中で感じたのが、「女性とは、なんと環境の変化を受けるものだろうか」ということです。
学生の頃から女子グループになじみにくかったのもあり、カウンセリングを学んでいたのを生かしながら女性や子ども~ひいては皆が生きやすい社会を作っていけないだろうかと考えるようになりました。

住居が落ち着き産後仕事に復帰してしばらくした時、派遣切りにあいました。
それをきっかけに心や体の癒しにつながるアロマテラピー教室を開いていたところ、私と同じく不妊症で悩む方や、仕事と家庭の両立に悩む方育児に悩む方の相談も多数お受けしました。今後女性の力が必要となってくる社会ではかえって女性の悩みは増えるでしょう。そこにはやはり相談を中心としたサービスも必要となってくると感じ、相談室を立ち上げて今日に至ります。

女性が楽に生きて、豊かな気持ちを周囲に広げていってほしい

「私がキャリアカウンセリングをする理由」も、ぜひお読みください。

【保有資格】
産業カウンセラー → 「産業カウンセラーとは」ご参照ください
キャリアカウンセラー(国家資格) → 「キャリアコンサルタント(国家資格)とは」ご参照ください
中学高校第一種教員免許(英語)
剣道2段

八幡市商工会会員
八幡市観光協会会員

スピカ相談室のご案内

お気軽ご連絡ください070-6540-8225受付時間 10:00-17:00 [ 土・日・祝日除く ]

ご予約・お問い合わせはこちらから24時間受付中!