知ってました?あなたはペースダウンができるんですよ。

今回は、私の目から鱗が落ちた体験をシェアしたくて書いてみました。
デフォルトって、ある意味怖い!と感じた出来事。

 

坂の町の生活

私が住んでいる地域は、坂がとても多いです。上から下を見たら転げ落ちるんじゃないかと感じるほどの、急坂もあります。
私はその坂を、いつもゼーハーいいながら歩いていました。かなり、きついです。夏場は少し歩いただけで大汗かきます。
私より早く歩いても息が切れてない人もいれば、ゆっくりと歩く人もいる。人は人として、私はとにかく「平地で早足と同じ動きで」坂道を歩いていました。

早く帰って、娘を迎えに行かないと…
家のことを終わらせないと…

そんな日々だったんです。

 

夜に、目から鱗が落ちた瞬間

先日、夜に仕事が入ったことがありました。夜にかかる仕事は普段しませんが、興味ある内容だったのでなんとか都合をつけ、夜遅くに帰宅。家に向かう坂を、またゼーハーいいながら登っていました。「あーいつもながらきついなー」と思いながら。
そこでふと、気づいたんです。

「私、ゆっくり歩いていいんじゃない?」

だって、家族はもう寝てるし。
誰も待ってないし。
家に帰って、誰かの世話をしなきゃいけないこともないし。
私は帰って、寝るだけだし。

それで、歩くペースを落としてみました。
あれ、私、ゆっくり歩ける!

夜で暗かったけど、目から鱗が落ちたので明るく感じるほどでした!

坂道も、自分のペースで

 

フル回転してすり切れる

がんばってもがんばっても、楽にならない。
一日24時間じゃ、全然足りない。
いつも急な坂道を走ってるみたいに、いっぱいいっぱいな気がする。。。

うつ病や、精神的な病になる人は、頑張り屋さんが多いと言われます。
適当に休む・手を抜くということを知らないから、体が悲鳴を上げるまでフル回転してしまう。自分で休めないから、動けなくなって初めて強制終了できる。

あなたも、そんなところはありませんか?
無理をしていることに気づいてないのではありませんか?

ストレスたまっていませんか?

 

ペースダウンという手があるんですよ

私も、それに近い気質はあると感じています。「やらなければいけないこと」があると、とにかくそれを仕上げるのを第一優先で動きます。例えば、家族の生活を問題なく回すこと、要望されたら応えること、仕事など義務のあることは果たすこと、、、
昔、夫に「頑張って疲れるなら頑張らなければいいじゃない」と言われてブチ切れた人間です(^^;)

「頑張らなければ回らないのに、どうやって頑張らずにいられるのよ!私が頑張らないでいいようにしてよ!」ってね。

同じように言われて、「ああ頑張らなくていいんだ~」と肩の荷が下りた人の話も聞いたことがあります。だから、夫の言葉が悪かったわけではないのですよね。ただ、頑張らなければ乗りきれない状況があるのも事実。女性は特に背負う種類が多いので、それを一人で全部…いわゆるワンオペになると、心身共にすり減るのは避けられません。

 

のんびりと

 

 

 

 

 

 

 

そんな時には、ぜひ「ペースダウンしてもいい」と心の中で念じてみてくださいね。

今日は体が疲れてるから、夕食を一品減らそう。買った惣菜を混ぜよう。
子どもの遊びに付きあう時、横になろう。
掃除は一日おきにしよう。

できることから、手を抜くことを覚えてください。
私の目から鱗が落ちたように、他の手段があると知っているのと知らないのとでは大きな違いがあります。

 

あなたは、よく頑張ってます。
ちょっと力を抜いても、大丈夫。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です