相談員勉強会に参加しました

 

平成最後の月から、新しい分野の仕事を始めました。
もちろん、ママと子どもの支援に繋がる仕事です。

新しい組織、環境、やり方の中で、まずはどう動くのがスムーズかの感触をつかむのに苦労します。今までの仕事とはだいぶ違うのですが、まずはいつも通り1ヶ月、3ヶ月を目安に。それくらいたてば、少しずつ考え方の筋道もついて今よりやり易くなっているはず。
発達障害の人にも言えることですが、私も先行きが想像できないのは実は苦手。実感できる目安があるのは有り難いものです。

 

この仕事の主目的はもちろん、対象となる子どもたちが気持ちよく生活できること。
それ以外のことは気にしなくていい、という人もいますが、支援者となる人に気持ちの余裕があることは実はとっても大切です。気持ちの余裕がなければいい仕事はできませんからね。子どもや保護者の方たちのためにも早く慣れたいですが、慣れなくても気にしすぎずに焦らずに進めていこうと思います。

 

同じく支援をされる方々は、経験豊富な年長者がたくさんいらっしゃいます。その知識と経験をできるだけ自分のものとすべく、勉強会でも機会があればどんどん質問しています。日々より良い仕事をしていけますように。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です