中小企業の中途採用なら、子育て中の女性がオススメ!な理由

今日は、友人と話していて感じたことを記事にしています。

子育て女性はよく働きます

女性は雇用の調整弁

このブログで何回か出ている言葉、「女性総活躍」。私としては、「余計なお世話!女性は家庭のアレコレで十分活躍しているし、仕事をしようとしても出来ない状態を作っているのは誰だ!」と言いたい気分なんです。この言葉作ったのは、絶対男性だな~と考えています。

企業は一度作られたら生き残るのが使命。もちろんお客様のためにということもありますが、働いている従業員さんのためにももちろん生き残ってもらわないと困ります。
しかしそのために、と言うと失礼かもしれませんが、「安く使えて辞めさせやすい雇用の調整弁」として女性を使っているように見えることも度々あります。

派遣、パート、アルバイト、は、そういう雇用形態を望む人(他に本業があったり、家族の転勤が多かったりする人)には有り難い形ですが、正社員と同じフルタイムで全く同じ仕事をしているのに雇用形態が違うから給与が違うというのはどうなんでしょう。最近は人手不足でパートから正社員雇用にする企業も増えていますが、人手不足でなかったらどうだったのか?は考えるまでもありません。

 

女性が敬遠される理由

では、なぜ女性は正社員として雇用されることが少ないのか。

それはひとえに、現代日本の女性が背負わされている条件によるものだと考えています。

結婚したらどうせ辞める → 旦那さまの稼ぎで食べていければいいけれど、実際にはそうでもなくても旦那さまの希望で続けられない・旦那さまの転勤についていく・家庭は女性が見るべき・という習慣などによることも多い

子どもが出来たら辞める・時間の融通が利かなくなる → 男性と同じように働けと言われたら、自分の家庭以外の助けがなければ続けるのは難しい

大きく分けたらこの2つになるのではないかと思います。もう一つ大きく括ってしまえば、女性には「家庭の事情が重くのしかかる」ということになるかと思います。それは女性だけの問題ではなく、男性や会社や社会全体の問題でもあると思うのですが・・・結果的には女性にしわ寄せが来ているのが現状です。

 

女性自身の意識も

私の経験として、コールセンターなどの窓口でクレームを入れるお客様も、最終的に男性が出て説明したら納得されることが多かったです。私自身の対応がまずかったという可能性ももちろんありますが、「男性=上司=偉い人に対応してもらう」という満足感もあるのでは・・・と感じることもありました。女性は下っ端、という感覚を持つ人もまだまだいらっしゃるでしょう。

そしてもう一つ、私は新卒で国家公務員になりましたが結婚して辞めました。今思えばもったいないことですが、その時は職場の風習に馴染みきらなかったのもあり相手の転勤が多いこともあり、もういいやと思って辞めてしまったのですね。私を一般化してはいけませんが、女性にも結婚を逃げにする気持ちがあると、結局は雇用の面で軽く扱われてしまうという結果にも繋がってしまいます。悪い前例を作ってしまって申し訳なかったですが、女性側にも「働き続けたい」という意志を強く持つことが求められます。

 

中小企業の中途採用なら、子育て中の女性がオススメ!な理由

女性には避けれるような背景がある、女性自身の意識も仕事に向ける必要がある、こう話を進めた上で、「中途採用にはぜひ子育て中の女性をお勧めしたい!」理由があります。
それは・・・

  • 優先順位をつけられる
    今時便利な道具はいろいろありますが、それでも家事・育児は待ったなしで進めていくもの。ご飯の用意をし、子どもの要求にこたえ、時に旦那さまの面倒を見て、これを一時に同時並行していくには優先順位をつけないとうまく回っていきません。それを仕事に生かすことは十分できます。また、女性脳は一般的に、同時並行でマルチに作業を進められるとも言われます。
  • 作業効率が上がる
    子どもが待っているので、残業をしたがりません。定時内でできるだけのことをすることができます。
  • 残業代がかからない
    上記により。
  • コミュニケーションが上手
    むずがる子どもの相手、いまいち意志疎通が苦手な旦那さまのお世話、親戚・近所づきあいをこなしているため、無難なコミュニケーションを得意とします。

中小企業に特にオススメするのは、大手よりは雇用できる数に限りがあるからです。作業効率が良く、コミュニケーション上手な才能を生かさない手はありません。そして、転勤や地域的な異動のない環境のほうが、女性も助かるというポイントもあります。

 

作業効率を上げます

 

上にあげた条件はもちろん全ての子育て中の女性に当てはまるわけではありませんので、それぞれの個性はしっかりと面接などで見ていただいたらいいと思います。

面接の時、また働いている間に、子育て中なので子どもの発熱での急なお休みやできるだけ行事にも参加したいという要望も出るでしょう。その部分は臨時に他の人でカバーできるような体制を作っていただき、定時内で作業効率を上げたい企業にはぜひ雇用対象を子育て中の女性も含めることをお勧めいたします。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です