「カウンセリング休憩」「アロマ休憩」作りませんか?

キャリコネニュースにこんな記事が載っていました。
『喫煙者のタバコ休憩に「不平等」と怒りの声』

だいぶ昔、今の私の年齢を2で割ったくらい昔、にもこんな話はありましたね。

 

「煙草を吸う人だけ、長く休める」問題

私は煙草を吸いません。当時、海外営業事務をしていた私の女性の同僚たちも、吸う人はいませんでした。そんな中で話題になったのが「担当している営業さんが煙草休憩に行って帰ってこない」。
居場所は喫煙ルームなので困ることは無かったんですが、「煙草吸ってる人は長く休めていいね~」というコメントは多かったですね。まあ、一つの話題として話しているだけでしたが。営業さんは正社員男性、アシスタントは派遣社員女性がほとんどで残業が多い職場だったので、のんびりするくらいなら早く仕事を進めて帰りたいというのが同僚皆のホンネでしたので。

 

女性のメイク休憩・おしゃべり休憩はどうなる?

会社で女性がメイクを直すのは、昼休み中がメインかと思います。私が今まで見てきた中では、午後の就業時間前までに直してさあ仕事、ということが多いですね。

おしゃべりは、トイレで知り合いにあったら息抜きついでに情報交換、ついでに長話になっちゃった、ということはたまにありました。。。私はトイレついでに体操することもよくありました。忙しい時期はそれどころではなく、周囲もどの時期にどこが忙しい、今こんなプロジェクトが進んでいて話す余裕もなさそう、というのは分かっているので、「今大変~~」という感じで済ますことが多かったと思います。

とは言っても、忙しい時期に長々といなくなる方というのは確かにいて、業務に支障が出るほどの場合は理由を聞いたりして対策を立てたほうがいいですね。

 

お勧めしたいこんな休憩

私がぜひ!お勧めしたいのはこの2つ

カウンセリング休憩
「休みついでに相談してくる!」くらいな感じであれば、取り入れるにも気軽にできるし相談した後はスッキリできるし一石二鳥ではないでしょうか?

アロマ休憩
「休みついでに、ハンドトリートメントしてもらってくる!」「アロマスプレー作ってくる!」なんて、いかがでしょう。心身が癒される、まさに休憩タイムになりますよ。

どちらも時間を決めて行うので、「気づいたらずいぶん時間がたっていた」なんてこともありません!ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

スピカ相談室の企業様向けメニューは、こちらをご覧くださいませ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です